事務所ブログ

2013.06.26更新

相続に関することが得意な水野充永税理士事務所は、愛知県西尾市にあります。
これまでも地元を中心に、300件の個人及び法人の事業の成長に携わり、年間20件以上の相続申告、贈与申告、土地の譲渡申告を行ってきた実績のある税理士事務所です。

当事務所は、徹底した調査と過去のデータを比較し、お客様をサポートしています。
また三河各地に広くブレーンネットワークを構築し、財務や税務に関することはもちろん、不動産に金融、法律など、各分野のエキスパートと連携を図り、さまざまな問題に迅速に対応できる体制をとっています。

ネットワークを十分に活用し、企業税務を含めたコンサルティングを筆頭に、個人の財産管理や財務の相談まで、しっかりお応えしています。
税のことでお悩みの方は、ぜひ当事務所へご相談ください。

投稿者: 水野充永税理士事務所

2013.06.25更新

水野充永税理士事務所は、愛知県西尾市、名鉄西尾線西尾駅西口から徒歩5分、地元を中心に延べ300件ほどの個人及び法人の事業に携わってきた税理士事務所です。

当事務所は、特に相続に関することが得意で、20年以上の実績と徹底した調査で、過去のデータとの比較を行い、お客様がよりよい未来を築けるよう、サポートしています。
相続税や資産税はもちろん、企業や個人の財産管理にもしっかりお応えできる三河に根付いている事務所です。

当事務所は、平日17時まで受付していますが、ご要望に応じて時間外や休業日でも対応しています。
また無料相談や出張相談も行っています。税に関するお悩みをお持ちの方は、ぜひ当事務所へご相談ください。

投稿者: 水野充永税理士事務所

2013.06.24更新

愛知県西尾市の水野充永税理士事務所は、20年以上の実績と徹底した調査で、相続税や資産税はもちろん、企業や個人の財産管理にもお応えしている税理士事務所です。

当事務所は、特に相続に関することを得意としており、これまでも地元を中心に、個人や法人の事業の成長に携わり、年間20件を超える相続申告や贈与申告、土地の譲渡申告を行ってきました。
徹底した調査と過去のデータを比較し、お客さまがより良い未来を築けるようサポート致します。

また三河各地に広くブレーンネットワークを構築しており、財務や税務はもとより、不動産や金融、法律など、各分野のエキスパートと連携し、さまざまな問題に迅速な対応が出来る体制をとっています。

税のことでお悩みの方は、ぜひ当事務所へご相談ください。

投稿者: 水野充永税理士事務所

2013.06.22更新

地元を中心に、20年以上の実績と徹底した調査で、より良い未来が築けるよう、お客様のサポートをしている水野充永税理士事務所です。

当事務所は、延べ300件ほどの個人及び法人の事業の成長に携わり、相続税や資産税はもちろん、企業や個人の財産管理にもしっかりお応えできる事務所です。

当事務所は、さまざまな問題に迅速に対応すべく、三河各地に広くブレーンネットワークを構築しています。
財務や税務に関することはもちろん、不動産や金融に法律など、各分野のエキスパートと連携し、お客様のお悩みに対応しています。

当事務所は、無料相談や出張相談も行っています。
税のことでお悩みをお持ちの方は、ぜひ水野充永税理士事務所へご相談ください。

投稿者: 水野充永税理士事務所

2013.06.19更新

水野充永税理士事務所は、20年以上の実績が成せる徹底した調査で、相続税や資産税はもちろん、企業や個人の財産管理にもしっかりお応えする、三河に根付いている税理士事務所です。

当事務所は、西尾市を中心に、述べ300件ほどの個人及び法人の事業の成長に携わり、年間20件を超える相続申告や贈与申告、土地の譲渡申告を行ってきたベテランの税理士事務所です。

三河各地に広くブレーンネットワークを構築し、財務や税務に関することはもちろん、不動産や金融、法律など、各分野のエキスパートと連携し、さまざまな問題に迅速に対応できる体制をとっています。

特に当事務所は相続に関することが得意です。
お悩みをお持ちの方は、ぜひ当事務所へご相談ください。

投稿者: 水野充永税理士事務所

2013.06.18更新

過去の税務調査事例ですが・・・・。こんなことが何例もありました。

相続申告も、相続税の納税も無事終わり、相続のことを忘れかけていたら、突然の税務調査が・・・・。
相続人の方々は何事かと、おろおろしてみえましたが、私は、、、、たぶんこれは名義借預金、、、贈与の自作自演(秘密の贈与)だな、、、、まいったなー、やっぱりあったか、残念だなー、あれほど注意したのになー、もっとしつこく言うべきだったと、調査前にもかかわらず悔やんでおりましたら、、、、調査結果はやっぱりでした。
被相続人の妻が、長年に亘り、贈与税の非課税枠(今は110万円、昔は60万円)を守り、毎年夫の預金から自身、子供、孫などの名義の預金へ資金を移し、贈与をしていたつもりでいたのです。
「私は、非課税枠を守って資金を移していたのに、どーして相続税を払わなければいけないの?」と調査官に強く抗議をされました。
お気の毒ですが、奥さんが全てを支配管理し、お子さんやお孫さんはこの事実をご存じなかったことから、贈与ではなく、いわゆる贈与の自作自演(秘密の贈与)となり、相続財産もれということで、修正申告とあいなり、延滞税及び加算税を賦課される結果となりました。

こんな事例は結構あります。財産の贈与は税理士に相談しましょう。


投稿者: 水野充永税理士事務所