相続の基礎知識

2017.09.22更新

残された遺族のため、生前より一族の財産を少しでも多く残すための工夫を考えている方は年々増えています。
相続税を払うことは、国民に課せられた義務のひとつです。しかし本来払わなくても済むものを、余分に払う必要はありません。
当事務所は、相続の際にお客さまの不動産、現金、有価証券など、どれだけ多く残せるかを念頭において、お客さまの現況をしっかり調査いたします。私どもからの提案は、きっとご満足いただけるものと信じております。

投稿者: 水野充永税理士事務所

2017.09.22更新

相続は、法のルールに則ってその進め方が決まっています。
しかし、そのルールの解釈の違いや、価値の計り方の違いで、そこにかかる相続税や相続される財産がどれだけ残るかなどが、大きく変わってしまう場合があります。
そこでお客さまには、そのルールと内容を正しく理解しておくことが求められてきます。

投稿者: 水野充永税理士事務所

2017.09.22更新

相続とは、そのご家庭にある固有の財産が、次世代に引き継がれていくことです。
どなたかがお亡くなりになると、通常はその方が所有していた財産の受け継ぎが始まります。
残された遺族の皆さまに対しては、私どもは故人の家族である自覚を強くお持ちいただきたいと感じています。悲しみはもちろんですが、財産は遺族への愛情が形になったものともいえるからです。

投稿者: 水野充永税理士事務所

2017.07.25更新

よろしくお願い致します。

投稿者: 水野充永税理士事務所