財産管理

管理とは「減らさない」「無駄にしない」「後世に引き継ぐ」ということ

土地の有効利用や売却を検討されたことがありますか。
毎年の経費が、資産を減らす要因になっていないか。
愛情で手がけた贈与が、ルールに合致しているか。
数年前に聞いた知識で早速実施。数年が経った今、その方法は現実に合っているか。

ご自身の知識を、時代の変化に合わせ見直すことも必要です。

地域性の高い「不動産評価額」の変化には敏感に

大府、岡崎、蒲郡を筆頭に、三河地域の不動産は安定した産業基盤の上に立ち、今のところ価値が下がるケースはほとんどありません。そのことは、この地域における豊かな個人資産を維持形成する一助ともなっているわけですが、一方で、将来起こりうる相続に向けての土地対策が必要です。
賃貸マンション・アパート経営などに関しては、「建築・経営ノウハウ」「損益分岐に関する独自分析と金利データ」など、お客さまの立場に立った情報を提供するよう努めておりますが、現在では、新たに賃貸マンション・アパート経営を行うことはお勧めできません。
土地の相続対策としては、"利回りを考慮した有効利用"と"土地の換金化"をお勧めします。特に"土地の換金化"はご検討いただきたいです。
節税の面からも、税金と数字のプロである私どもにおまかせください。