相続税の再検討

申告後でも税金を取り戻せますか?納税額を変えられますか?

相続税をきちんと計算して、納税されたあなた。
最近では、後になって土地の評価額が違っているなど、申告の内容の間違いが、後々分かることも珍しくありません。
実際、相続完了後に不動産を売ろうとした場合『申告した評価額より、不動産業者から聞いた土地の価格の方が、低かった』と、驚く方もおられます。
つまり、実際より高い評価額で申告したことになり、納めるべき税額より、多くの税金を納めたことになります。そういったときは、納めすぎた相続税の還付を受ける(取り戻す)ための申告、つまり『申告のやり直し』=『更正の請求』ができます。これは、新たな納税額で申告します。先に出した申告の内容を覆すことになりますから、それ相応の説得力ある資料が、不可欠です。
地目、土地の形、幹線道路からの距離など、土地に関する評価は、多数の条件があります。「あの土地の評価額の算出法は、本当に正しかったの?」など、不動産に関する評価額に疑問を持たれ多くの方々が私どもへ相談に来られます。
ご相談に応じ、多くのブレーンと専門家の協力を得て、ご要望にお応えしております。

こんな方はご相談下さい

相続税の申告後に…
  • 相続対象になった土地の地目や評価額などに、疑問がある方
  • 亡くなられた方の借金が見つかった方
  • 預貯金、有価証券が見つかった方
相続では、ご遺族に必要以上の負担をかけたくない方

相続税の申告で問題が起こるのは、相続税納付に「申告する期限設定がある」ためです。
不動産を所持しておられる方が、予め資料をそろえておけば、こういった間違いは起こりにくいものです。残されるご遺族の負担を軽減させるために、生前に当事務所を通して、土地家屋などの内容を確認・整理される方が増えています。
三河地域における、土地の評価額変化の情報は特に重要です。当事務所の情報網をぜひご活用ください。

こんな方はご相談下さい

相続税の申告後に・・・
  • 相続対象になった土地の地目や評価額などに、疑問がある方
  • 亡くなられた方の借金が見つかった方
  • 預貯金、有価証券が見つかった方
相続では、ご遺族に必要以上の負担をかけたくない方

相続税の申告で問題が起こるのは、相続税納付に「申告する期限設定がある」ためです。
不動産を所持しておられる方が、予め資料をそろえておけば、こういった間違いは起こりにくいものです。残されるご遺族の負担を軽減させるために、生前に当事務所を通して、土地家屋などの内容を確認・整理される方が増えています。
三河地域における、土地の評価額変化の情報は特に重要です。当事務所の情報網をぜひご活用ください。