生前の相続対策

生前贈与って本当に相続税の対策になるの?

残された遺族に、家族、一族が努力して築いた財産を欠かすことなく受け継ぐための工夫を、生前より準備される方が年々増えております。
そのひとつが、生前贈与です。
例えば、お子様お一人に550万円を単純に贈与すると贈与税金がかかります。しかし、妻・子・孫二人・子の配偶者の5人にそれぞれ110万円を贈与にすれば、税金はかかりません。こうして、毎年少しずつ財産を移していけば、実際の相続時には、対象財産が少なくなります。

生前贈与のポイント

ポイントは、決められたルールを守ること。
贈与として認められる期間(被相続人の死亡直前のものは認められない)や、年間にお一人が受け取れる金額に限定がある、その手法(振込みなど)などにポイントがあります。
また、ルールを守っていることを、公的に認められる方法を取ることも大事です。例えば『現金の手渡しでなく銀行振り込みにする』『振り込んだ領収証などを保管しておく』などです。時には、あえて最小限の贈与税を納めることで、生前贈与のルールを守っていることを示すことも有効です。

こんなケースは要注意

例えば、奥様がご主人の名義で、お子様の口座に生前贈与と考え振り込む場合には、ご主人様と受け取るお子様の両方が、その事実をきちんと知っていることが重要です。
また、贈与の1つとして、お孫さんの教育費を祖父母の方が納める場合、お子様やお孫さんへ直接現金を渡していませんか?祖父母の方が直接支払わなければ認められません。

贈与税に関してもお気軽にご相談下さい

個人の方の財産管理では、相続と並んでご質問の多いのが贈与関連についてです。
相続は一度ですが、贈与は多くの場面で利用できる、財産を守る方法です。
生前贈与のほかにも、法定相続人以外への遺贈など、遺族の人間関係を良好に保つご用意を、早めにされることをお勧めしております。